睡眠不足がもたらす体の不調は?

睡眠不足がもたらす体の不調は?

睡眠不足では体に力が入らなくなり、頭がぼーっとして仕事にならないということは容易に想像ができます。それ以外にも様々な不調やリスクをあげることをご存知でしょうか。

まず、頭痛や吐き気、イライラなど疲労が解消できないことによる不調が起きてきます。

睡眠不足は唾液を減少させ口臭がきつくなったり、食欲をつかさどるホルモンバランスが乱れ食べ過ぎて肥満になるとも言われています。

肌荒れやニキビも睡眠量と密接な関係がありますし、慢性的な睡眠不足は高血圧や糖尿病、心臓病などのリスク、精神的な負担によるうつ病などのリスクなど死亡率が高くなることも。

理想的な睡眠時間は7時間から8時間と言われています。忙しさにかまけてなかなか睡眠時間が取れないという人も生活改善をして健康的に過ごしましょう。

睡眠不足がもたらす肌の不調は?

睡眠不足がもたらす肌の不調は?

睡眠不足はお肌の大敵です。若い女性でも寝不足の日々が続ければ、肌に不調を引き起こします。肌荒れがひどくなります。

またニキビができやすくなる、出来たニキビがなかなか治らなくなるなどの不調が出ます。

またお化粧のノリが悪くなる不調も現れます。見た目には分からない肌の不調です。また目の下にクマが出来るため、バッチリメークを仕上げても、どこか目の周りの印象が暗くなります。

最近はお布団に入った後も、タブレットやスマートフォンを操作する人々が増えてきており、慢性的な睡眠不足になる女性が増加しています。

スマートフォンの操作など、脳を使う作業を就寝ぎりぎりまでしていれば、安眠は妨害され、睡眠不足の原因となります。

睡眠不足は肌や体だけでなく心の健康も害する

睡眠不足は肌や体だけでなく心の健康も害する

睡眠不足になると、まず起きる時から身体がだるい方がほとんどではないでしょうか。1.2日ぐらいでしたら、一時だけですので、一週間もすれば身体は回復します。

しかし、その状態が長く続くと肌や体だけでなく、いずれ心の健康にもひびいてきます。

基本、身体が元気でいられると精神的にも安定し、物事を冷静に見ることが出来ます。しかし、身体が何かしら不調だと、イライラしやすく、何事においても心に余裕がなくなってしまします。

一番怖いのは、肌や体の変調はある程度感じることが出来ますが、心の健康は自分で分かりにくく、気が付いたときには精神的にかなり追い込まれていたり、取り返しのつかないことが起こってしまう場合もあります。

睡眠不足は、肌や体だけでなく、心の健康も害してしまいます。気が付いたときは遅いかもしれません。普段から睡眠はしっかりとって、心も身体も余裕のある生活を送りましょう。