夜更かしが体に悪いと言われる理由は?

夜更かしが体に悪いと言われる理由は?

夜更かしが体に悪いと言われる理由としては、人間の体は太陽が昇ると同時に自然と眼が覚めて脳が働きだし、太陽が沈むにつれて体が休息する様に出来ています。

つまり、体内時計が大事であり夜更かしをする事により、自然のリズムが崩れて健康に害を及ぼします。体内時計のリズムが狂うと睡眠の質が悪くなり、1日の疲れを取る事ができずに翌日を迎えます。

そして、睡眠では夜間の22時~2時の時間帯がゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが多く分泌されます。特に成人していない子供にはとても大事な時間帯になります。

もちろん成人にも言える事で、夜更かしは肌にとっても悪影響を及ぼします。脳が活性しないため、睡眠不足で翌朝の仕事や勉強も集中できずに効率が悪くなる場合も多くあります。

眠ると肌に良いと言われているシンデレラタイムとは?

眠ると肌に良いと言われているシンデレラタイムとは?

その時間に眠ると、とても肌にいいとされている時間帯の事を「シンデレラタイム」といいます。

なぜ眠ると肌に良いとされるのか、そのメカニズムはとして体の成長モルモンが最も多く分泌され、肌の細胞が修復・復活をし、肌にとても必要な成分がまんべんなく行き届く睡眠のことを指します。

具体的な時間帯としては夜10時から夜中の3時までの5時間。この時間に睡眠をとることによって肌が生まれ変わるとされています。

現代の生活スタイルではなかなか良質な睡眠をとることは難しいと思われがちです。

ぬるめの温度のお風呂にゆっくりとつかり、体を温めてから布団にしばらく入っているだけで日々のストレスが軽減されるので、続けていけば良質な睡眠をとることも可能になるはずです。

睡眠は生きていくうえで非常に重要なことなので、美肌を目指しつつ疲れを十分に取るようにしましょう。

夜型の人でも肌荒れを防ぐ方法がある?

夜型の人でも肌荒れを防ぐ方法がある?

睡眠不足の日が続いた際に肌荒れが起きてしまうのは、ゴールデンタイムと呼ばれる時間が関係しているとされています。

ゴールデンタイムは成長ホルモンが一番多く分泌されるお肌のターンオーバーには欠かせない時間です。

しかし、大人になるとこのゴールデンタイムにきちんと睡眠をとって寝る事が難しくなってしまいます。仕事の都合などで、どうしても夜型の生活になってしまうからです。

夜型の人が肌荒れを防ぐ方法はあるのでしょうか。これに関しては、意外と簡単なことで、睡眠のリズムを整えることで自分のゴールデンタイムを生み出すことができます。

大人になって夜型になってしまい寝る時間帯が変わってしまっても、質の良い睡眠をとることを心がければ、肌荒れは起こりません。